ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

愛玩姉妹 あいとあき -06 2012-02-24 (fri)

作:Pたん様

※※ 第6幕 とまどい ※※

「あき」

 私が名前を呼ぶと、あきは顔を少し上げた。
 私は無理矢理にあきの唇を奪った。

「ウグ、ウ、ウ・・」

 あきは必死に唇を離そうとするが、頭を押え込まれてどうすることも出来ない。
 私も舌を差し入れようと何度も試したが、あきは口を必死に閉じてそれを拒んでいる。

 私は、あきの秘部に手を伸ばし、ヴ○○ナをなぞるように指を滑らせてゆく。
 あきの身体が小刻みに震え、意識が口から股間に移る。すかさずあきの口内に舌を差し入れ、あきの舌を追いつめ絡ませ続ける。

 ヴ○○ナを刺激する指の動きはいっそう激しさを増し、あきの瞳からはまた涙が溢れた。
 しばらくの間、私は夢中であきの唾液を味わい、そして私の唾液を送り込み続けた...

「ゲホ、ゲホ、ゲホ」

 唇を離すと、あきはむせかえりながら、ワンワンと泣き出したしまった。

「泣かないであきちゃん。あきちゃんのキスは最高だったよ。」

 そう言うと、あきは首を何度も横に振り、泣き声はいっそう大きくなった。

<何でこんな目に合わなきゃいけないの。もう終わりにして。もうやめて>

 私は、泣きじゃくるあきの後ろに回り込んで腰を下ろした。

「あき、カワイイよ」

 そう言いながら、私はあきの胸に手を伸ばし、摩るようになで始めた。

「やめて下さい。もうやめて下さい」
「大丈夫だよ、気持ちよくさせて上げるから」

 そう言いながら、私はその小さな膨らみを揉んだり、指先を乳首に触れさせたりしてあきの反応を楽しんだ。

「イヤ−!」

 あきの表情は嫌悪に満ちていたが、乳首に指が触れるとピクッと身体が反応している。
 ここだけは敏感だ。

「イヤ! 何するの、イヤ−ッ!!」

 私は、あきの口元から唾液を指に取り、乳首に付けこね回したり、つまんだりしていると、最初は泣いて嫌がっていたあきの顔に少し赤みが差し始め、表情が変わり、息づかいまでも変わり始めた。

<そろそろ、試してみようかな>

 私は隠し持っていた催淫クリ−ムを気付かれないように、あきの乳首に塗り込んだ。
 そしてまたクリ−ムを指に付け、今度はヴ○○ナに塗り込み、ク○○○スにも塗りつけた。

<あき、これでもう泣いて嫌がらないでよくなるよ。泣いて喜ぶかもしれないけどね>

「お願いです。そ、そんなところ触らないでっ」

 私は、乳首とヴ○○ナへ刺激を与え続けていた。

<な、何か変だよ、触られてるところが熱いよ..どうして..これが気持ちイイってことなの?..違うよ、絶対違う、私ヒドイことされてるんだよ..でも..おかしくなりそう...>

 あきの乳首は堅く隆起し、ヴ○○ナからは愛液が浸み出して来ている。

「あき、気持ちイイかい?」
「そ、そんなわけないでしょ! もういいでしょ、やめてよ」
「気持ちよくさせて上げる約束だからね、今度はこうして上げるよ!」

 そう言うと私は、あきの前に回りおもむろにあきの乳首に舌を這わせた。

「イヤ−、ホントにイヤ−!!」

 私は、左右の乳首を交互に夢中で吸い、舌で転がし、歯を立てて噛んだ。

「アッ! ハア..ハア..ハア..」

 チュパ、チュパ...

 あきの声が泣き声から、官能的なものに変わって行く..
 乳首は完全に勃ち、愛液は溢れんばかりの量に増していた。
 私の舌はあきの股間へと降りて行った。

「お願い、そんなところ...やめて...舐めないで」

 ピチャ、ピチャ...

 あきは、また泣き出したがお構い無しに、ヴ○○ナを指で割り開き、舌を差し入れ舐めまわした。
 あきの内部はどんどんと熱を持ち、愛液は滴り落ちて行く。
 脚は小刻みに震え続ける。

「アッ..」
「ハウッ!」
「ア−、ア−」

 舌がク○○○スを捕らえ転がす。
 必死に声を押さえていたあきの口から声が漏れてしまう。
 身体全体が上気し白い肌がピンクに染まってゆく。
 なんとも艶めかく、少女の中の“オンナ”を感じさせる。

<おかしくなっちゃうよ、もうガマンできないよ..ヒドイことされてるのに感じてる..私っておかしいの? でも、でも、き、気持ちイイ...>

「アン、アン、ア−ッ」

 あきはもう声を押さえられない。
 涙は流れているが、声は官能の渦に飲み込まれたまさにそれだった。

 私には判っていた。
 少女が初めてのこの感覚に、太刀打ち出来るはず無いことも。
 そして、もう少し続ければ確実にあきは“イって”しまうことも。

<あき、イカせないよ..もっと楽しもうね..二人で...>

 私は、あきの股間から顔を上げた。虚ろな瞳であきは私を見ている。

<どうして..やめないで..>

つづく


※ お断り ※ 本サイトに掲載している全ての作品の著作権は、本サイトの
       管理人、または投稿者・作者にあり、放棄しておりません。
       無断での転載、転用、複製は固くお断りします。


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

悪夢のナースコール -12
堕ちていく私 (9)
恋 の 奴 隷 -0704
落涙 の 白百合 -0106
時 は 巡 り て -0802
狙われた美姉妹 VI -0408
コートを脱いで昼食を -0808
被虐義母 恵美子 -6303
マーメイド・ママレード (16)
secret police 海猫 2 -0507
血 の 聖 夜 (2)
鮮 血 の 日 記 2 -0301
闇色のセレナーデ -0101 new
落涙 の 白百合 -0105
恋 の 奴 隷 -0703

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
SMエロ体験談・小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
拘束の世界
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
縄と罠
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
男女の季節
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2016 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル