ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

Night Walkers 1 -0902 2018-04-12 (thu)

投稿:巽ヒロヲ様

※※ 夜行/百鬼 第九章 (2) ※※

「確かに、あたしはあなたの助けが必要だわ。でも、あたしと一緒にいることで、鷹斗が不幸になるところは見たくないの」
「何だって……?」

「だから、あなたが去っていくなら、あたしはあなたを追わないし――あの異端審問官だって、あなたに危害を加えることはないはずよ」
「――本気か?」
 自分でも想像しなかったほど低い声で、俺は言った。

「え?」
「本気でそんなこと言ってるのか?」
「鷹斗――あなた、怒ってるの?」
 ミアが、驚いたような顔で聞き返す。

「そんなことはどうだっていい。ミアは、俺が、そんなことするような奴だと思ってるのか?」
「だって――人に、“絶対”は無いもの」
 忘れていた絶望を思い出したような、ミアの声。

「あたしは、これまで、色々な人に会ってきたわ」
 ミアの顔から、表情が消えている。

「鷹斗の百倍もの時間を生きて、色々な事があって、色々な目にあってきたわ。ひどい裏切りを受けた事だって、一度や二度じゃないのよ」
 その整った白い顔の内側に、炎のように熱い何かを秘めたまま、冷たく乾いた口調で、ミアが言った。

「それなら――俺の血を吸えよ」
 まるで自分の声ではないような、低く抑えた声で言いながら、ミアに一歩近付く。

「何を、言うの……?」
「俺の血を吸って、モロイにでも何でもすればいいだろ? それで、お前の役に立つのならな」
「や……やめてよ! そんなふうに言わないで!」
「――お前が先に言い出したことだぜ」

 さらに近付く俺に、ミアが後ずさりする。

「やめて、よ……」
 ひどく弱々しい、ミアの声。そんなミアの声は、聞きたくない。
 なのに俺は、どう言っていいか分からず――次第に、ミアを、部屋の端の壁際へと追い詰めていった。

「俺を信じられないのなら、そうすればいいだろう?」
 違う、俺が言いたいのはこんなことじゃない。

「そんなこと、言っているわけじゃないのよ」
「じゃあ、どういうことだ?」
「あたしは、鷹斗を利用しているのよ」
「……」

「吸血鬼は、自分が生き延びるために、人間を犠牲にするわ。そして、あたしも、鷹斗を自分自身のための犠牲にしている……そんな自分が嫌なのよ」
「そんなこと、構わない」
「あたしは、構わなくなんかないわ」
「……」

 俺は、何も言わず、うつむくミアの体に手をかけ、抱き寄せた。

「ちょ、ちょっと、やめて……!」
 力なく抗う、華奢な体。小さな背中で揺れる、少し癖のある黒い髪。

「お願い、今は、だめ……お願いだから……」
 かすかなおののきと、かすかなぬくもり。それを、両の腕に感じた。

「だめだってば……本当に、我慢、できなくなる……」
 そんな言葉に構わず、まるでその細い体を壊そうとでもするかのように、きつく、抱き締める。

「こんなふうに……あたしを誘惑するのは、やめて……!」
 そして――俺を押しのけようとするミアの頬に手を当て、強引に唇を重ねた。

「だ、め……」
 ミアの熱く甘い吐息を感じながら、舌を入れる。
 尖った歯が、舌先に、触れた。
 ぞくり、と得体の知れない鮮烈な快感が、股間から脳天へと駆け上る。

 その時――「……っ!」
 信じられないような力で、ミアが俺を突き飛ばした。
 どっ! と背中を強く壁に打ちつける。

 が、その時には、強烈な破砕音をあげて、部屋の頑丈そうなドアが粉々に吹き飛んでいた。
 樹脂と金属の破片が、今まで俺がいた場所を通り抜ける。
 もうもうと立ちこめる白い埃の中、ミアは、舞うように跳躍していた。

「滅びなさい、吸血鬼!」

 叫び声を上げながら、赤い十字架が描かれた白い長衣をまとった男が、部屋に押し入る。

 ぎいぃん! 高い金属質な音。白銀の軌跡。
 しばし、事態の把握ができなかった。
 二つの影が暴風のように部屋中を駆け巡り、凄まじい攻撃の煽りで家具や調度が破壊されていく。

 長短二本の剣。幾条かの銀色の細い糸。

- つづく -


羊頭狗肉 投稿してくださった巽ヒロヲさまのHPです。
ラブラブでエッチな小説がたくさんあります。とってもハマりました♪


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

鮮 血 の 日 記 2 -1308
夜 行 / 百 鬼 -0903
淫 妻・麻 紗 美 -3502
あんな の 日記 (67)
狙われた美姉妹 IX -0511
時を巡る少女 -1701
陵辱された姉妹 -0602
な ご り 雪 -0702
secret police 海猫 3 -0404
赤いつるバラ (1) new
ボクの幼なじみ (3)
独り暮らしと私 -0703
鮮 血 の 日 記 2 -1307
恋 の 奴 隷 -1410
逮 捕 せ よ ! -0201

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館 new
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル