ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

secret police 海猫 3 -0306 2018-03-05 (mon)

作:出羽 健さま

※※ 第3章 闇を走る裸身 (6) ※※

 ツーンと鼻をついてくる鋭い匂い。彩は恐怖心に負けて口を開いた。

「……何よ、それは……」
「いいんだよ、黙ってれば」

 吉崎も御坊もベッドの左右から彩の胸乳をむんずとつかんだ。

「あっ、いや……」
 痛みよりもレイプへの恐怖心が脳裏をかすめる。

 医者が触診するような無感動な手つきで根元から絞りこむ。
 いやでも乳頭部が盛りあがり、乳首が突き出た。
 そこへ濡れた脱脂綿があてがわれる。

「ヒィィッ──」

 汗を拭き清められるように擦りたてられると、刺戟感の強い揮発性の液体が敏感な薄桃色の皮膚に沁みこんできて、彩は悲鳴をあげるしかなかった。

 ピリピリとした痺れが乳頭部の内側へ浸透してくる。
 突き出た乳首は硬化し、屹立した。
 薄皮手袋に包まれた彼らの指がその乳首をつまみあげた。

「あむむむッ」

 美人女子大生の苦鳴にかまわず、引っ張ったりつぶしたり、容赦なく愛虐を加えた。

「こ、こ、これが合法的とでも言うの! ああっ、ヒッ──」
 全身、ヌルヌルの汗にまみれながら、彩は絶叫する。

「もちろんそうに違いない。一種の治療だからね。手袋を履いて陵辱に及ぶのはありえい話じゃないか」
「騒いでいる割りには、ちゃんと勃起させてるじゃないか。さすがに助平な女は違うな。これじゃ罰にもならんぞ」

 吉崎と御坊は顔を見合わせてニタついている。
 汗と涙で歪んでいる視界のなかに、彩は己れの乳ぶさを目撃する。

 たしかに男たちの指摘は事実であった。
 ギョッとするほど、双乳の先っぽは変貌していた。
 まずそれは真っ赤に紅潮していた。

 今までそんな乳輪の色は見た覚えがなかった。彼とのセックスの時だって汗に濡れて少し濃く見える程度にすぎなかったはずだ。

 男たちに絞りたてられ、乳でも迸らせんばかりに面積を広めているそこは自らの性欲の昂ぶりを示すようにギラギラと赫くなっている。

 胸の感覚はおぞましいばかり。
 たしかに熱っぽくはあるものの、愛する人に触られている時のような感情の切迫はない。なのに、なぜ……。

 乳首の勃起たるや、それをも上回る異常さといってよかった。
 針のようにピーンと尖り切り、乳輪とのつけ根の部分が裾のように盛りあがってさえいる。

 男たちの指につままれ、ひねられるたびに発生する拷問のような痛みは、そこがどれほどの硬直を示しているかをまざまざと物語っていた。

(薬のせいだわ……)
 白熱化していく意識のなかで、彩は思いついた。

 脱脂綿によって塗りこめられたあの薬にそういった状態をもたらす何らかの成分が含有していたに違いあるまい。
 そうした要因でもなければありえない展開だ。

(薬のせい……薬のせい……)
 彩は呪文のように唱えることで、必死に己れを保とうとする。

「誰に触られても発情するのは重症という以外にありませんね」
「まったくその通り。去勢リングの装着は免れないところだろう」

 彼らはいったん乳ぶさを離し、エンゲージリングを入れるような小箱を取り出してきた。
 今度は何をされるのか、彩は固唾を呑む。

 小箱のなからはやはり小さなリングが出てきた。
 彼らはそれをピンセットでつまんでいる。

「わかるか、菅野。これはな、ひとつ、数十万円もする高価な代物なんだぞ。直径数ミリ以下だけれども、最新バイオテクノロジーを結集した成果なんだ」
「なかなかよく出来てるよ。出来の悪いお前にはもったいないくらいだ」

「……」彩は声も出ない。彼らがそれによって何をしようと企んでいるか、薄々、気がつきはじめている。

「女性用の去勢リングだ」と御坊は嬉しそうに言った。
「乳首の根元にハメこむわけだな」

「……馬鹿な……」
「じつにうまい仕掛けになっている。まずこのリング全体がバイオセンサーになっているわけだ。女体の一部に食いこむと、肉の細胞から身体のホルモンバランスを感知する能力を発揮する」

- つづく -


出羽健書蔵庫 投稿してくださった出羽健さまのHPです。
ちょっと過激で濃厚な官能小説です。素敵なCG付きの作品も☆


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

時を巡る少女 -2702
逮 捕 せ よ ! -0702・0703
お し ろ い 花 (3)
淫 妻・麻 紗 美 -4301・4302
恋 の 奴 隷 -1611・1612
鮮 血 の 日 記 2 -1603
無 明 / 長 夜 -0302・0303
地 獄 の 孤 島 -04010403
秘愛館“睡蓮亭” (6)・(7)
狙われた美姉妹 X -0107
な ご り 雪 -10011008
罪囚ひとみ哀話 (4)(6)
時を巡る少女 -2701
逮 捕 せ よ ! -0701
お し ろ い 花 (2)

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
週刊創作官能小説 new
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル