ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

secret police 海猫 3 -0106 2017-12-21 (thu)

作:出羽 健さま

※※ 第1章 ゴ キ ブ リ (6) ※※

 彩は吉崎を見上げながら、慄えそうになる自分を叱咤した。

「女子大生のくせに口の聞き方がなってないんじゃないか。目上の人間に対する言葉遣いじゃないだろ。あン?」
「……私を、どうして大学生と知ってるのよ」

 疑惑がカァーッと募ってくる。
 これは行き掛かりの検問・捜査ではなかったのか。
 菅野彩を特定して最初から計画的に狙いをつけていたのだ。なぜ?

 彩の心に再び佐伯隆一の顔が浮かび上がる。
 間違いない。彼への詮議の一環だ。

 隆一も言っていた。
 身辺に尾行や盗聴の影が見え隠れしはじめていると。
 ならば、余計、気を引き締めていなけばなるまい。自分ばかりか彼にまで厄難が及ぶのはなんとしても避けねばならなかった。

「何でも知ってるんだよ」と吉崎は言った。
「世間のすべてを一部始終、チェックしているんだ。とくにお前のような不平分子の卵にはな」
「不平分子? なんの話だか、さっぱりだわ」 彩はプイと横を向く。

「しかしまあ、とにかくだ──」
 と御坊が灰皿に煙草を押しつけながらつづける。

「この時間に一人歩きしていたのは事実なんだから。こっちとしても所定の吟味はしなくちゃならん。仕事だからねえ」

 そして御坊は吉崎にお茶を入れるようにと指示した。

「ひと息つけば、落ち着いて協力的になってくれるだろう。頭のよさそうなお嬢さんだし」
「いらないわ。変な薬が入っていないとも限らない」

「馬鹿野郎っ。課長の暖かい心がわからんのか。根性の根まで腐ってるな、お前」
「お前なんて言わないで頂戴。どうせ名前だって知っているんでしょう」

 彩は冷笑を浮かべ、吉崎に挑戦するようにすっと立ちあがると、睨みつけ、両手を大きく左右へ広げるのだ。

「さあ、どこでもいいから調べてください。おっぱいとかお尻とか、跨ぐらとか、集中して吟味するつもりなんでしょう。いいわよ、さっさとおやんなさいよ」

 おっ、とたじろぐ吉崎。勇ましい剣幕に、ではなく、つい目と鼻の先に迫ってきた彩のなまなましい素顔の美しさにだ。

 そしてこの匂い……。
 たちこめる素肌の瑞々しい芳香。黒髪の情感的な香り。
 香水もつけておらず化粧もなく、きっと朝シャンもしていないであろう、まったくの素の状態なのに、やはり若さのなせるわざなのだろうか。
 たまらない女のフェロモンである。

「おやーん?」
 突然、吉崎は小腰を屈めて、彩の顔を覗きこんだ。

「な、何よ……」
「お前、こっちの頬っぺたにニキビがあるぞ」

 吉崎は彼女の右頬を指さした。
 ほんの小さな赤い発疹が頬の真ん中に突起している。

「……だから、だからなんだって言うのよ……」 男の目を遮るように頬に手を当てて隠し、卑劣な撹乱作戦に歯噛みする彩。

「一週間前まではなかったはずだがな」

 コンピュータにファイルしてある画像にはどんなに拡大してもニキビなどなかった。あの写真は先週の前半に撮影されたものだ。

「思われニキビか。それともアレのやりすぎで肌が荒れたか。彼氏はちゃんと愛してくれてんのか。何度も何度も挑みかかってくるんじゃないのか。駄目だぞ。欲望に任せてると、せっかくの可愛い顔が淫売みたいになってくるんだから」
「……」

 吉崎の言葉には幾つもの恫喝が隠されている。この男は変質者だ。
 ニキビの存在まで観察しているとは常軌を逸している。

 恋人の有無をほのめかすのは彩の二十四時間の行動をリサーチしているからに他ならない。
 なんだか、単なる海猫によるコマンド狩りではないような気がしてきた。
 もっとどす黒い、イビツな欲望の渦が眼前にあるような気分である。

「な、わかるだろう。女ってのはな。肌をちょっと吟味しただけでもどういう生活をしているか、すぐに見えてくるんだ。だから、ちゃんと素直に言うことを聞いて、俺たちにすべてを曝け出せ。そうすりゃ、優良婦女子になるための処方箋を作ってやるからよ。なーんの心配もないんだぞ。みんなお前のためなんだからな」

 吉崎は彼女の両肩に手を置き、ポンポンと叩いた。

- つづく -


出羽健書蔵庫 投稿してくださった出羽健さまのHPです。
ちょっと過激で濃厚な官能小説です。素敵なCG付きの作品も☆


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

時を巡る少女 -2702
逮 捕 せ よ ! -0702・0703
お し ろ い 花 (3)
淫 妻・麻 紗 美 -4301・4302
恋 の 奴 隷 -1611・1612
鮮 血 の 日 記 2 -1603
無 明 / 長 夜 -0302・0303
地 獄 の 孤 島 -04010403
秘愛館“睡蓮亭” (6)・(7)
狙われた美姉妹 X -0107
な ご り 雪 -10011008
罪囚ひとみ哀話 (4)(6)
時を巡る少女 -2701
逮 捕 せ よ ! -0701
お し ろ い 花 (2)

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
週刊創作官能小説 new
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル