ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

淫 妻・麻 紗 美 -2203 2017-12-14 (thu)

投稿:逢川信吾さま

※※ 第2話 誘   惑 ※※
※※ 第2章 (3) ※※

 触れ合っている腹部、絡み合っている両脚。
 たとえようなく、そっと、それでいてくすぐるように感覚を呼び覚ます指に撫でさすられる背中、脇腹。

 小百合がそっと身体を起こした。とはいっても、唇はまだ麻紗美の唇をついばんだまま、胸だけを浮かせる。小百合の乳房に潰されていた麻紗美の乳房が、元の美しい姿に膨らんだ。
 その頂点の淡い色の蕾に、小百合は自分のすでに硬く尖っている乳首を摩り付けてきた。優しく、撫でるように。

 身体中が痺るような快感に襲われる。
 脇腹から、背中から、おなか、両脚、唇、乳首。
 さっきまであれほど冷めていた肉体に、一瞬のうちに身体中から火の手が上がり、麻紗美の心を焼き尽くそうとしていた。

 小百合の両脚が、麻紗美の片脚を挟み込む。柔らかな茂みを麻紗美の太股に摩り付けるように、小百合の腰が淫らな動きを始める。
 小百合から溢れた蜜が、麻紗美の太股の肌を濡らす。
 同時に、小百合の片足の太股が、必然的に麻紗美の今だパンティに包まれた股間に程よい強さの刺激を与えてくる。

「うっ、うぅん・・・」

 程なく、麻紗美は一際大きな呻きを上げて、その裸身を震わせた。
 信じられなかったが、恭平とのセックスに負けないほどの歓びの極みに、彼女は追いやられてしまったのだ。

 小百合が頬に笑みを浮かべてやっと彼女の唇を開放した。

「ずいぶん早いのね。それだけ敏感だってことかしら」
 それだけを言うと、彼女の頭が再び下がった。今度は麻紗美のバストの頂点で震えていた可愛らしい乳首をその口に含んでしまう。

「あ、いや」慌てて麻紗美は小百合の頭を払いのけようとした。
「もういいでしょう、やめてください」
「どういうこと」

 小百合は麻紗美の胸から顔を上げて問う。
 麻紗美は頬を真っ赤に染めて、消え入りそうな声で答えた。

「終わったんです、もう。ですから、やめてください」

 小百合は小さく声を上げて笑った。

「まさか、あれで終わったつもりなの。あんなもの、まだまだ本当のオーガズムとは言えないわ。これからなのよ。わたくしがあなたに教えようとしている世界は」

「いや、もう充分です。やめて」
「何を言っているの。約束よ。十一時まではわたくしの好きなようにさせて頂くわ」

 小百合は言い終わると共に再び麻紗美の乳首を口に含んだ。
 生暖かい舌が、すでにいやらしく勃起した乳首に纏わり付く。

「ああっ、いやん・・・」

 たちまち新たな快楽の波に襲われ、麻紗美は身体をくねらせた。
 一瞬壁の時計に目が行き、小百合が服を脱いだときからまだ五分も経ってないことを知ったが、すぐに押し寄せる官能のうねりに飲まれ、時間の事など頭から消え失せた。

 小百合は片手で乳房を揉みしだき乳首を摘みながら、片手を股間へと移し、パンティの上から愛撫を始める。
 さっきとは違い、柔らかく優しい指先は薄い布の上から感じやすい襞を撫で上げ、敏感なクリトリスに軽い刺激を与えてくる。

「ああ、もうだめぇ・・・」

 娘とよく似た甘ったるい声を発して、麻紗美は再び達した。
 しかし、小百合は少しも構わずに彼女の身体をむさぼり続ける。
 女教師の女体を知り尽くした指先は、わけなく麻紗美を三度目の高みに追いやった。

「ああ、だめ、もう・・・ ああ、また・・・ また、いっちゃう」

 全身の肉がとろけるような快感が、麻紗美の身体を見舞っていた。
 脚が爪先まで痺れたようで力が入らず、もう二度と歩けないかも知れないと思うほどであった。しかも、それでいて、小百合の愛撫がさらに続くと、それを遥かにしのぐエクスタシーの予兆が身体を走るのだ。

「もういや、お願い、やめて。これ以上続いたら狂っちゃう」

 余りにも凄まじい快楽の嵐に、麻紗美は恐怖を覚えて叫んだ。
 このままでは自分が自分でなくなってしまう。
 二度とこの悦楽を忘れられなくなる。

「駄目よ。まだ十一時まで5分。時間まで目一杯楽しむのよ」

 小百合は言い終わると共に顔を麻紗美の股間に沈めた。
 あの淫靡に蠢く舌先が麻紗美のもっとも敏感な器官を責めてくる。

「ああ、狂う、狂っちゃうわぁ」

 麻紗美は本当に狂気に満ちた叫びを上げると、身体中がはじけるような快感に押し包まれていった。そして、底の見えない不気味な暗い淵のかなたへと、彼女の意識は果てしなく堕ちていった。

- つづく -


ペイルブルー 投稿してくださった逢川信吾さまのHPです(残念ながら閉鎖)。
官能小説作家・由紀かほる先生のファンサイトとしても有名です☆


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

恋 の 奴 隷 -1411
鮮 血 の 日 記 2 -1308
夜 行 / 百 鬼 -0903
淫 妻・麻 紗 美 -3502
あんな の 日記 (67)
狙われた美姉妹 IX -0511
時を巡る少女 -1701
陵辱された姉妹 -0602
な ご り 雪 -0702
secret police 海猫 3 -0404
赤いつるバラ (1) new
ボクの幼なじみ (3)
独り暮らしと私 -0703
鮮 血 の 日 記 2 -1307
逮 捕 せ よ ! -0201

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館 new
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル