ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

淫 妻・麻 紗 美 -1306 2017-10-30 (mon)

投稿:逢川信吾さま

※※ 第1話 目 覚 め ※※
※※ 第3章 (6) ※※

 小百合の眉がぴくりと動いた。
「知らない? 経験がないのですか?」

 その問いに、麻紗美はますます声を落として力なく答える。

「私、早くに結婚したものですから。主人もいまして、そういうことには満たされております。ですから、一度もそういうことをしたことは・・・」

 小百合の頬に一瞬あざけるような笑みが浮かんだが、恥ずかしげに瞳を伏せていた麻紗美は気づくことはなかった。

「あの、もう一つの方法というのは?」

 小百合は、顔を伏せたままの麻紗美の顔を覗き込んできた。

「あなたにマスターベーションの経験がないのでは、しかたないですね。ただ、残りの方法も、決してたやすくはありませんよ。いいですね」

 麻紗美は頷く。
 小百合はその答えを確認してから、ソファに深く掛け直した。

「要は瑠里子さんのフラストレーションを解消して上げれば良いのです。ですから、誰かが、というより、あなたがということになるでしょうが、彼女にオーガズムを与えてあげればいいのです」

「そんな!」 立て続けに出される無理難題に、麻紗美は思わず立ち上がって叫んでいた。そして、同時に小百合も立ち上がっていた。

「また、出来ないとおっしゃるつもりですか」
 小百合の声には叱咤の色が加わっていた。

「そうやって逃げてばかりで、どうするつもりなの。瑠里子さんはあなたの娘でしょう!」
「でも、でも・・・わたしでは、どうすればいいのか、わからない・・・」

 麻紗美の頬を涙が伝った。
 麻紗美はそのままその場にしゃがみ込むと顔を覆って泣き始めた。

 小百合は、そんな彼女を、しばらくの間冷たい瞳で見下ろしていた。
 やがて、小百合はそっと麻紗美の傍らに歩み寄ると、身を屈めて彼女の肩を優しく抱きしめた。

「さあ、いつまでも悲しまないで。涙は何の解決にもならないわ」

 しかし、小百合のその優しい言葉にも、麻紗美の嗚咽は止まらなかった。女教師はしばらくためらったが、力強く麻紗美の身体を抱きしめると、意を決したように言った。

「もし、あなたが出来ないのなら。わたくしがやってもいいわ・・・」

 麻紗美が涙に濡れた顔をあげた。
 小百合はその嘆きに歪んだ顔をじっと見つめると、

「もし、あなたがそれでよいのなら、わたくしがやります。リラックスさせるマッサージだと称して、やってみましょう。いいですか?」

 一瞬泣きやんでいた麻紗美は、小百合のその言葉に再び嗚咽を洩らし始めたが、見間違いようのないほどはっきりと頷いて見せた。
 小百合はその承諾の意思を確かめると、言葉を続ける。

「ひとつだけ、条件をつけます。これから二ヶ月、週に一度こちらに伺うことにしますが、その時には、かならずあなたにも立ち会っていただきます。もし、このことが外部に漏れたときのことを考えて、あなたの付き添いを絶対条件にします。よろしいですか?」

 麻紗美は再び、今度は前回よりもかなり力なく頷いた。
 そして、涙で上ずった声で、

「本当にほかの方法はないのでしょうか・・・薬とかそういったものではどうにもならないのでしょうか・・・」

「確かに薬で抑えることはできるそうです。ただ、薬にはどうしても大なり小なりの習慣性と副作用が出てきます。瑠里子さんの場合はそれほど重症でもありませんので、薬を使うのは、必ずしも良い結果を生みだすとはいえないのです」

 小百合はすっと立ち上がった。

「それでは、わたくしそろそろ時間がありませんので、失礼します。早速、来週の水曜日の夜からこちらへこさせていただきます。それで、よろしいですね」

 麻紗美は依然として床に座り込み、顔を伏せたままで頷いた。
 だが、もしその時、彼女が顔をあげていたならば、その返事をためらったかもしれない。

 なぜなら、彼女を見下ろしている美しい女教師の顔に、満足と喜びの入り交じった妖しい微笑みが浮かんでいたのである。
 だが、それは一瞬の事であった。

 小百合はもう一度ひざまづくと、力付けるかのように麻紗美の両肩に手を置き、そして、足早に立ち去っていった。

- つづく -


ペイルブルー 投稿してくださった逢川信吾さまのHPです(残念ながら閉鎖)。
官能小説作家・由紀かほる先生のファンサイトとしても有名です☆


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

巡 査 長 美 咲 -43
な ご り 雪 -0507
淫 妻・麻 紗 美 -3101
夜 行 / 百 鬼 -0704
狙われた美姉妹 IX -0401
女 武 者 受 難 (11)
落涙 の 白百合 -1603
時を巡る少女 -0902
secret police 海猫 3 -0204
恋 の 奴 隷 -1311
鮮 血 の 日 記 2 -1203
独り暮らしと私 -0509
淫 妻・麻 紗 美 -2402
あんな の 日記 (55)
夜 行 / 百 鬼 -0703

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒 new
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル