ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -1504 2018-07-03 (tue)

作:香月さま

※ 第15話 1月2日 (4) ※

 人間の身体と言うのは思ったより頑丈で、手足にロープを結びつけ、馬で四方に引っ張らせても容易に裂けないのだ。
 場合によっては、身体を引き裂くより先に馬が疲れ果て、処刑が失敗することも珍しくはない。

 もちろん、身体が裂けないとはいっても手足は脱臼し、肉は引っ張られ、犠牲者は酷く苦しむことになるのだが。

 群集の視線が、自然と処刑台の左右に置かれた巨大な器具に集まる。高々とそびえる長い支柱から可動式の横木が左右に張り出しているというもので、大きさを除けば天秤と同じ構造のようだ。

 横木の下がったほうからは二本のロープが垂らされており、そのうちの一本は地面に打ちこまれた杭に結び付けられている。
 横木の反対側、上がったほうからは大きな石−−というより、小ぶりの岩といったほうが正確か−−が吊るされていた。

「う、あ、あ……勘弁してくれ。腕を落とすなら、一思いにばっさりやってくれ。わけのわからない器具の実験台になるのなんてご免だ!」

 処刑台の上へと引き出されてきた貧相な小男が、恐怖に顔を真っ青にしてそう訴える。実際、この器具がどういうふうに用いられ、どういう結果をもたらすのかは彼自身も群集も分からない。

 彼の主張は当然のことだが、もちろん、だからといって彼の訴えが聞き入れられることはない。屈強な男たちによって処刑台の中央の辺りに立たされ、両足首を短いロープで固定される。

 更に、両肩へとロープをかけ、処刑台と肩とをつなぎ合わせると、男たちは垂れ下がった二本のロープを男の手首に固く結びつけた。

「お、おい、何をするんだ!? おいっ!?」

 恐怖と不安に声を上ずらせ、きょろきょろと目を動かす小男にはかまわず、処刑台から降りた男たちが斧を手にする。

 ぎくっとした表情を小男が浮かべるが、斧を手にした男たちは無言のまま地面と横木とを結ぶロープへと斧を振り下ろす。

 ロープが断ち切られ、吊られた岩の重みで勢いよく横木の一端が下がり……跳ね上がった反対側に結び付けられたロープが凄まじい勢いと強さで男の両腕を引っ張った。

「グギャアアアアアアアアアアアア〜〜〜〜ッ!!?」

 瞬間、両腕に激痛が走ったかと思うと、ぶちいぃっと言う耳障りな音を立てて男の両腕が肩の付け根からもぎ取られ、勢いよく宙に舞う。
 両腕を肩からもぎ取られた男が、ぐちゃぐちゃになった切断面から鮮血を撒き散らしながら絶叫し、処刑台の上へと倒れこむ。

 宙へと跳ね上がった腕がくるくると回転しながらその切断面から血を飛び散らし、飛んできた血を浴びた群集から悲鳴とも歓声ともつかない声が上がった。

 罪人の流す血は各種の病を癒す効果があると信じられており、斬首された罪人の流す血をハンカチに浸そうと殺到した群衆が押し合いへしあいするうちに死傷者が出る例もある。そういう意味では血が飛んでくるのはむしろ望むところではあるのだが、やはりいきなり頭の上から血の雨が降ってくれば驚いてしまうものだ。

「あ、あぎ……ぐぎぎぎ……あ、が」

 どくどくと無残に腕を千切り取られた傷口から血を流しつつ、男が不明瞭な呻き声を上げる。
 びくびくっと数度痙攣すると、彼はそのまま動かなくなった。処刑台の上へと上がった男たちが彼の身体を抱え上げ、脈や息を確かめる。

「……死にましたか?」

 椅子から立ち上がったミレニアが、口元に笑みを漂わせながら静かな口調でそう問い掛ける。特に声を張り上げるでもなく、淡々とした口調なのだが、不思議とよく通る声だ。

 群衆のざわめきが水でも浴びせられたかのように一瞬で静まり、奇妙な静寂が訪れる中、頷き返してくる男たちを見つめてミレニアが軽く首をかしげる。

「殺す予定ではなかったんですが。まぁ、運が悪かったんですね」

 淡々と、呟くようにそう言うとミレニアが再び椅子に腰を下ろして進行役のメイドへと視線を向ける。

「続けてください」
「は、はい。で、では、続いて、殺人の罪を犯したパメラの処刑をこの器具を用いて行う。罪人を!」

 僅かに動揺のそぶりを見せつつも、メイドがそう声を張り上げる。
 処刑台の上から両腕をもぎ取られた痛みでショック死した男の死体が降ろされ、代わってまだ四・五歳程度にしか見えない幼女が処刑台の上へと引きたてられてくる。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

恋 の 奴 隷 -1601・1602
鮮 血 の 日 記 2 -1506
無 明 / 長 夜 -0203
陵辱された姉妹 -1202
秘愛館“睡蓮亭” (1) new
狙われた美姉妹 X -0102
な ご り 雪 -0808
ボクの幼なじみ (15)
時を巡る少女 -2402
逮 捕 せ よ ! -0502
DDD(トリプルD) (10)
淫 妻・麻 紗 美 -4202
恋 の 奴 隷 -1512
鮮 血 の 日 記 2 -1505
無 明 / 長 夜 -0202

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
週刊創作官能小説 new
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル