ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -1204 2018-01-21 (sun)

作:香月さま

※ 第12話 6月15日 (4) ※

 本当にそう思っているのか、それともソフィーヤに気を遣わせまいと無理をしているのかを他人に読み取らせない、屈託のない笑みを浮かべてプラムがそう言う。

 視線を伏せたソフィーヤへと、プラムが軽く首をかしげながら問いかけた。

「そういえば、ソフィーヤの家族ってどんな人たちなんですか? 別に、無理に聞こうとは思いませんから、話したくないなら言わなくてもいいですけど」
「私の……父は……ごく普通の……猟師です」
「へえ、猟師さんなんだ。もしかして、ソフィーヤが人と話すの苦手なの、そのせいだったりするのかな? 親と一緒に子供の頃から山の中で暮らしてたから、とか?」

「……そう、かも……しれません。幼馴染……とかは……居ませんでしたから……」
「うーん、やっぱり、そう言うのって慣れですからねぇ。あ、そろそろいいかな?」

 ソフィーヤの言葉にうんうんと頷くと、プラムが紅茶のポットを手に取る。慣れた手つきでカップへと紅茶を注ぐプラムのことをじっと見つめながら、ソフィーヤがゆっくりと言葉を続けた。

「そして……母は……魔女でした」
「魔女!?」

 不吉な単語に、流石に驚いた声を上げるプラム。
 視線を伏せたまま、ソフィーヤが訥々と言葉を続ける。

「本当に……悪魔と交わって……居たのか……それとも……そう疑いを……かけられただけなのか……それは、分かりません。けれど……去年の夏に……魔女として……火刑に処されたのは……事実、です」
「そっかぁ……大変だったんだね」

 視線を伏せたままのソフィーヤの告白に、プラムが少々あっさりとしていすぎでは、と思えるような口調で応じると湯気を立てる紅茶のカップをソフィーヤの前に置く。
 少し意外そうに目を見張り、ソフィーヤが顔を上げた。

「変わった……反応、ですね……」
「んー……不幸自慢とか、互いの傷を舐めあうとかって、不毛だから嫌いなんですよね。ソフィーヤが謝ってほしいと思ってるなら話は別だけど、そう言うつもりで話したわけじゃなさそうだったし。親が魔女だろうが悪魔だろうが、ソフィーヤはソフィーヤだし」

 紅茶のカップを口元に運びながら、プラムが視線をまっすぐにソフィーヤに向けてそう言う。
 くすっと口元に小さな笑みを浮かべると、ソフィーヤは軽く頭を下げて紅茶のカップを手に取った。

「私も……謝って……欲しくは……なかったですから」
「そう? ならいいんだけど。あ、紅茶、お砂糖要るならありますからね」
「ええ。……家族と、いえば……領主様の……御両親は……どうされて、いるんです……?」

 話の流れで何気なく口にした、といった感じのソフィーヤの言葉に、プラムがぎゅっと眉をしかめた。

「ミレニア様の、両親……。うーん、まぁ、ソフィーヤなら、話しちゃっても問題ないかな。別に口止めされてるわけでもないし」
「何か……問題が……?」

 唸るプラムへと、困惑の表情を浮かべてソフィーヤが問いかける。
 ふうっと溜息を一つつくと、プラムがカップを皿に戻した。

「私も、そんなに詳しいことを知ってるわけじゃありませんけど。このお屋敷に、ミレニア様の両親が居ないって言うのは、変ですよね? 普通に考えれば、両親もここに呼んで、一緒に暮らしたいと思うもんじゃないですか」
「ええ……」

「以前私も、気になってミレニア様に聞いたことがるんですよね。そうしたら、ミレニア様、なんて答えたと思います?」
「……両親とは……仲が悪いから……ですか?」
「近いですけど、ちょっと違います。ミレニア様、両親から憎まれてるんですって」

「憎まれて……親から……ですか?」
「ええ。私もびっくりして、結構しつこく聞いたんで少し話してくれたんですけど……そもそもミレニア様の本当のお母さんって、ミレニア様を産んだ時に亡くなっちゃってるんだそうです」

「子供を産む時に母親が死んじゃうっていうのは、時々聞く話ですけど、ミレニア様のお母さんの場合、とっても元気な人だったらしくて。身体が弱い人の場合は、生命と引き換えになるかもってある程度覚悟を決めて、それでもやっぱり産みたいって思って産むわけですけど、なまじ元気な人だっただけに周りの人たちにとっても完全に予想外だったらしいんですよね」

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

恋 の 奴 隷 -1601・1602
鮮 血 の 日 記 2 -1506
無 明 / 長 夜 -0203
陵辱された姉妹 -1202
秘愛館“睡蓮亭” (1) new
狙われた美姉妹 X -0102
な ご り 雪 -0808
ボクの幼なじみ (15)
時を巡る少女 -2402
逮 捕 せ よ ! -0502
DDD(トリプルD) (10)
淫 妻・麻 紗 美 -4202
恋 の 奴 隷 -1512
鮮 血 の 日 記 2 -1505
無 明 / 長 夜 -0202

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
未知の星・別館
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
SM×工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
週刊創作官能小説 new
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2018 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル