ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -1202 2018-01-06 (sat)

作:香月さま

※ 第12話 6月15日 (2) ※

「あ、いたいた。ソフィーヤ、一緒にお茶しません?」
「……掃除の、途中です」

 屈託のない笑顔を浮かべるプラムへと、流石に手は止めたものの取り付く島もない調子でソフィーヤが応じる。他のメイドたちがざわっと動揺する中、プラムはひょいっと軽く肩をすくめて見せた。

「でも、これだけ人数いますし、別にあなた一人抜けても平気でしょ? ミレニア様も一緒だし、お茶しましょうよ、ね?」
「領主、様が……ですか。……けれど、仕事が」

 プラムの言葉にソフィーヤが視線を他のメイドたちへと向ける。
 一瞬怯えた表情を浮かばせ、メイドたちが互いに顔を見合わせた。
 互いに視線で嫌な役目を押し付け合い、結局一番年長のメイドが貧乏籤を引かされる形になっておずおずと口を開く。

「ここは、私たちだけでも大丈夫だから……領主様のお相手をするのも、大切なことだし……」
「ほら、この人たちもああ言ってるし、ね、ソフィーヤ、行きましょ?」
「そう……ですね。では……後は、お願い……します」

 メイドの言葉にプラムが畳み掛けるようにソフィーヤを促し、気が進まなさそうな様子を見せながらもソフィーヤも押し切られて頷く。
 他のメイドたちに軽く頭を下げると、ソフィーヤはさっさと歩き出したプラムに続いて部屋を出た。

「あなたの……場合は……わざと……なんでしょうね」

 廊下を歩くプラムの後を追いながら、ぼそぼそとソフィーヤが問いかける。軽く小首をかしげ、頬に指先を当ててプラムが小さく唸った。

「んん〜? まぁ、わざとだと思ってもらってもかまいませんけど。別に、それが目的ってわけでもないですよ。お茶に誘いたいなって思ったのは本当ですし、メインの目的はそっちですもん」

「まぁ、ああいうことをすればあなたが一層孤立するかな、と思ったのに、あえてやったわけですから責められても文句は言えませんけどね」
「そう、ですか……」

 歩きを止めないまま、首だけを捻って苦笑を浮かべるプラムへと、ソフィーヤが僅かに考え込むようなそぶりを見せる。
 そんなソフィーヤへと、軽く眉をしかめてプラムが問いかけた。

「気を悪くしました?」
「交換、条件と……言うわけではありませんが……ひとつ、お願いを……聞いてもらえ……ますか?」
「お願い? いいですよ、私に出来ることなら、ですけどね」

 真面目な表情で言うソフィーヤへと、屈託のない笑顔を浮かべてプラムがあっさりと頷く。あまりにあっさりと頷かれたせいで却って躊躇いが生まれたのか、ソフィーヤが目を伏せた。

「私の……質問に……答えて……もらいたい……のですが」
「質問? まぁ、知ってることなら何でも応えますけど? ていうか、そもそも、お茶に誘った時点であれこれお喋りしましょってことですし」

 苦笑を浮かべながらのプラムの言葉に、ソフィーヤが微かに拳を握り、勇気を振り絞るように顔を上げた。

「あなたは……何故…領主様の、ことが……好きなんですか?」
「何でって言われても、好きなものは好きだから、ってことになっちゃいますけどね。うーん、そうですね、ミレニア様のどこが好きかって言うことなら、一生懸命頑張ってるところが可愛いとか、すぐ落ち込んじゃうところが母性本能くすぐられるとか、寂しがりやさんだから守ってあげたくなるとか、ですかね。年上の人相手に使う言葉じゃないですけど」

 くすくすと笑いながら、ごく当たり前のことのようにプラムがそう言う。
 だが、いつも表情一つ変えることなく、口調を変えることも滅多にないミレニアの姿と、プラムの彼女への評価が頭の中で上手く噛み合わず、ソフィーヤは首をかしげた。

「そう……ですか?」
「ミレニア様の特技は、他人に誤解されることですから。近くでよーっく見てれば、分かるんですけどね。あの人って本当は寂しがりやの可愛い人ですよ?」

 軽く肩をすくめながらプラムがそう言い、丁度辿り着いた自室の扉を開ける。

「じゃ、ミレニア様呼んできますから。中で待っててくださいね」

 屈託のない笑顔を浮かべながら、一方的にそう言うとプラムが身を翻す。強引な、ともいえそうなその行動だが、不思議とソフィーヤはプラムに対して反感を抱かなかった。
 人徳、というものかもしれない。

「寂しがりや、ですか……」

 プラムの言葉を反芻しながら、ソフィーヤがプラムの私室へと足を踏み入れる。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

巡 査 長 美 咲 -43
な ご り 雪 -0507
淫 妻・麻 紗 美 -3101
夜 行 / 百 鬼 -0704
狙われた美姉妹 IX -0401
女 武 者 受 難 (11)
落涙 の 白百合 -1603
時を巡る少女 -0902
secret police 海猫 3 -0204
恋 の 奴 隷 -1311
鮮 血 の 日 記 2 -1203
独り暮らしと私 -0509
淫 妻・麻 紗 美 -2402
あんな の 日記 (55)
夜 行 / 百 鬼 -0703

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒 new
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル