ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -1007 2017-09-07 (thu)

作:香月さま

※ 第10話 6月12日 (7) ※

 軽く首を傾げ、僅かに迷うような間を置くと、ミレニアは身悶えるイグレーヌの上着に手を伸ばした。

 びびっ、びびびっと布地を刃で切り裂いていく。
 イグレーヌのびくんっと身体が震え、降り注ぐ蝋がミレニアの左手の甲を直撃した。
 だが、それでもミレニアは表情一つ変えずに布地を切り裂いていき、イグレーヌの胸を完全に露出させる。

「イギャアアァッ、ア゛ア゛ッ、グギャアア゛アァッ!!」

 火を点けた蝋燭で、ミレニアがイグレーヌの胸を炙る。
 既に過剰なまでに加えられていた苦痛に、なおも苦痛が上乗せされ、イグレーヌが絶叫を上げて身悶える。

 身体を痙攣させ、泡を吹いて濁った絶叫を上げつづけるイグレーヌのことを、無表情にミレニアは見つめていた。

「ひゃ、は……ふひゃあ……あひゃはは……」

 虚ろな視線を宙にさ迷わせ、小さな笑い声を上げるイグレーヌ。
 既に蝋燭は燃え尽き、股間の辺りは真っ赤な蝋で完全に覆われてしまっている。

 とんっとミレニアが軽く彼女の腹をつくが、引きつった声を上げて身体を痙攣させるだけで、もはや大きな反応を見せようとはしない。

 と、扉が小さくノックされた。
 視線をそちらへと向けるミレニアの耳へと、扉越しに声が届く。

「お楽しみのところ、お邪魔いたします。侯爵様、夕食の準備が整っておりますが、いかがいたしましょうか?」
「夕食……?」

 こくんと首を傾げ、ミレニアが小さく呟く。
 イグレーヌを呼び出したのは、昼食を取り終えてからまだ間もない時間帯だったはずだ。

「もう、そんな時間ですか?」

 扉を開け、向こうにいた初老の執事へとミレニアがそう問いかけた。
 執事が小さく頷き、深々と頭を下げる。

「はい。どうやら、侯爵様におかれましては、時を忘れてお楽しみだったご様子。それを邪魔いたしますのは私としても心苦しいのですが……いかがいたしましょうか?」

「別に、楽しんでいたわけでは、ないんですが……」
 小さくそう呟き、ミレニアが視線を逆さ吊りになったイグレーヌへと向ける。

「分かりました、今、行きます」
「左様でございますか。ところで、侯爵様。この者は、いかがいたしましょう? 夕食後、あるいは明日以降にも、お使いになられますかな?」

「……いえ、彼女には、もう、充分罰を与えましたから」
「承知いたしました。では、このゴミは、わたくしめが始末をつけておきます」

 丁寧な口調で、さらりと執事が酷い発言をする。
 無表情に執事の顔を見つめ、ミレニアが僅かに沈黙した。

「……ゴミ?」
「見たところ、手足が既に使い物にならなくなっている様子。メイドとしての仕事は、もう出来ないでしょう。侯爵様のお楽しみ用として保管しておくにしましても、気の違った者を責めてもあまり面白くはございませんし……何の役にも立たない者を、生かしておく必要もないのではないかと」

 にこりともせず、あくまでも真面目な口調で執事がそう言う。
 すっと視線を逆さ吊りになっているイグレーヌの方へと向け、ミレニアが僅かに視線を伏せる。

「……少し、やりすぎましたか」
「はて……侯爵様がメイドを折檻するのに、やり過ぎと言うことはございませんでしょう。使用人は主人に奉仕するのが勤め。侯爵様のお楽しみのためであれば、生命を含めて全てを差し出すのが当然のことでございますゆえ」

「……そう」
 あくまでも真面目な執事の言葉に、ミレニアが短く答えて俯く。
 僅かにそのまま沈黙すると、ミレニアは視線を上げた。

「私の楽しみのためならば、あなたも、生命を捧げますか?」
「はて、わたくしめのような老体がお役に立てますかどうか。無論、侯爵様がお望みとあれば、この老体を捧げるに否はございませんが」

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

落涙 の 白百合 -1502
時を巡る少女 -0403
secret police 海猫 2 -1510
な ご り 雪 -0407
鮮 血 の 日 記 2 -1108
独り暮らしと私 -0412
淫 妻・麻 紗 美 -1403
女 武 者 受 難 (3)
狙われた美姉妹 IX -0204
夜 行 / 百 鬼 -0601
巡 査 長 美 咲 -14
恋 の 奴 隷 -1303
secret police 海猫 2 -1509
時を巡る少女 -0402
あんな の 日記 (47)

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
SMエロ体験談・小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログnew
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル