ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -1003 2017-08-08 (tue)

作:香月さま

※ 第10話 6月12日 (3) ※

「壁に、手を」「……はい」

 ミレニアの言葉に素直に頷いてソフィーヤが背を向け、壁に手をつく。
 ぎゅっと歯を食いしばった彼女の背に、ミレニアがぱしっと軽く箒の柄を当てた。

 そのまま更に数度、ぱし、ぱしっと軽い打撃音が響く。
 最初は歯を食いしばり、衝撃に備えていたソフィーヤの表情に、微かに困惑の色が浮かんだ。

 もっとも、彼女もミレニアほどではないにしろ表情に乏しいタイプらしく、表面に現れた変化はそれはごく微かなものだったが。

「……こちらを、向いてください」「……はい」

 更に何度かソフィーヤの背や尻を箒の柄で打つと、ミレニアが淡々とそう告げる。どれもごく軽い打撃で、痛みはほとんどない。

 今度ははっきりと困惑の表情を浮かべてソフィーヤが頷き、ミレニアの方に向き直る。表情一つ変えずにミレニアが箒の柄でソフィーヤの薄い乳房を打ち据えた。

「何故、ですか……?」

 明らかに手加減していると分かる、軽い打撃。
 掠れた声で問い掛けるソフィーヤに、ミレニアは無言で応じた。

 そのまま更に数度、胸や腹、太股といった辺りへと箒の柄を当てるが、どれもごく軽い。痛みが皆無というわけではもちろんないが、彼女が想像していたような激痛とは程遠い。

「……終わり、です」

 更に何度かソフィーヤの身体を打ったところで、ぼそっとミレニアがそう言う。一度も本気で打たれなかったソフィーヤが、かえって困惑した表情と口調で呟いた。

「……これで……終わり?」
「何か、不満でも?」「……いえ」

「……後片付けは、きちんとしておいてください」「……はい」

 淡々とした口調で告げるミレニアに、ソフィーヤが頭を下げる。
 そのまま無言でくるりと背を向けて部屋から出ていったミレニアを見送り、ソフィーヤはぼそっと呟いた。

「……殺されると、思ったのに。……それとも、安心させておいて……あとで殺すつもり……なの?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「あ、あの、お呼びだそうですが……何の御用でしょうか?」

 昼食を取り終えた後の、ミレニアの執務室。
 呼び出しを受けたイグレーヌが、最初から顔面蒼白にしてそう問い掛ける。書類に視線を落とし、さらさらと末尾にサインを書き入れたミレニアが静かに顔を上げた。

「あなたは、ソフィーヤと同室でしたね」
「は、はい。彼女が、何か……?」
「彼女が、苛められている件ですが……」

 ミレニアの言葉に、イグレーヌがはっきりと表情を強張らせる。

「わ、私では、ありませんっ!」「……」

「彼女が、何を言ったかは存じませんが……私は、彼女を苛めたりしていませんっ」「……そう」

 イグレーヌの叫びに、ミレニアが小さく呟いて視線を手元に落とす。
 一瞬、ほっとした表情を浮かべたイグレーヌだが、ミレニアがゆっくりと立ちあがったのを見て再び表情を強張らせた。

「先ほど、壷を割った時も、あなたは自分は悪くない、と、そう言ってましたね」「そ、それは……」

 淡々としたミレニアの口調の中にヒヤッとするものを感じ、イグレーヌが怯えた表情を浮かべて口ごもる。
 半ば独り言のように、ミレニアは言葉を続けた。

「他人に罪を着せてでも助かりたい、というのは、分からなくもないですが……」
「りょ、領主様、誤解ですっ。壷を割ったのは本当にソフィーヤですし、私は誓って彼女を苛めたりしておりませんっ。私はただ、真実を述べているだけで、保身のために偽りを述べるような真似は……っ」

 致しておりません、と、そう言いかけたイグレーヌの言葉が、途中で消える。無表情に彼女のことを見つめるミレニアのせいだ。
 恐怖に言葉を喉で詰まらせたイグレーヌのことを見つめながら、ゆっくりとミレニアが動き出す。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

secret police 海猫 3 -0105
女 武 者 受 難 (7)
鮮 血 の 日 記 2 -1112
独り暮らしと私 -0504
淫 妻・麻 紗 美 -2203
恋 の 奴 隷 -1307
狙われた美姉妹 IX -0303
夜 行 / 百 鬼 -0606
巡 査 長 美 咲 -31
あんな の 日記 (51)
secret police 海猫 3 -0104
時を巡る少女 -0602
落涙 の 白百合 -1505
な ご り 雪 -0502
淫 妻・麻 紗 美 -2202

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
被支配中毒 new
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル