ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -0404 2016-10-07 (fri)

作:香月さま

※ 第4話 5月20日 (4) ※

「……さっきから思ってたんですけど、あなた、ずいぶんと遠慮なしに喋りますね、この私を相手に」

 無表情に、抑揚のない口調でミレニアがそう言う。
 こくんと小首を傾げ、プラムがミレニアの顔を見返す。

「えっと、馴れ馴れし過ぎましたか?」
「そんな口の利き方をして、私が怒らないと思ったんですか?」

 口調を変えぬまま問い掛けるプラムへと、淡々とミレニアがそう聞き返す。普通の人間なら恐怖に震え上がる場面なのだろうが、プラムは怯えた様子もなくあっさりと頷く。

「ええ、思ってました。というか、実際、怒ってないでしょう?」
「……まぁ、そうですけど」
「ミレニア様は表情が乏しいせいで誤解されちゃうから損ですよねぇ。よーく観察して雰囲気読めば、どう思ってるのか分からなくはないですけど」

「あなたは、分かるんですか? 私が何を考えてるのかが」
「まっさか。魔法使いじゃあるまいし、他の人が何を考えてるかなんて分かりませんよ。ただ、相手がどう感じてるのか、想像することは出来ますよね、誰だってある程度は。私は人よりちょっとそれが得意なだけです」

「……私は、それが苦手なんでしょうね、では」
「あー、うん、そんな感じですねぇ、ミレニア様は。って、いっけない、おしゃべりするのは後でって自分でいっといて、私ってば。えと、ミレニア様、今日の服、これでいいですか?」

 苦笑を浮かべながら肩をすくめたプラムが、不意に思い当たったように口元を押さえるとクローゼットに向き直る。
 ごそごそっと中を漁ったプラムが取り出したのは淡い水色のドレスだ。
 ちらりとそのドレスに一瞥を向けるとあっさりとミレニアが頷く。

「べつに、かまいません」
「じゃ、これにしましょう。ほんとは、もっと可愛いのがあればいいんですけどねぇ」
「また、その話題ですか……? まぁ、おそろいの服を作るというのは、考えておきましょう」
「あはは、約束ですよ。じゃ、着替えちゃいましょうね」

 無邪気な笑いを浮かべるプラムのことを、ミレニアは無表情にただ見つめていた……。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「プラム、ですか。変わった子でしたね」

 朝食を取り終え、午前中の仕事をするべく執務室に向かう途中でぼそっとミレニアが朝の出来事を思い出して呟く。その呟きを耳にし、彼女の背後に付き従うクリシーヌが怪訝そうな表情を浮かべた。

「は? 御主人様、何か?」
「別に、何でもありません」

 小さく首を振ってそう答え、廊下の角を曲がろうとするミレニア。
 が、タイミング悪くというべきか、そこへちょうど向こうから歩いてきたメイドの一人と見事に鉢合わせしてしまう。

 互いに弾かれるような感じで尻餅をつくミレニアとメイド。
 そして、メイドが手にしていた盆と水差しとが宙を舞い、ばしゃりとミレニアの頭へと水が降り注ぐ。

「……」
 ぽたぽたと水を滴らせる前髪へと軽く左手で触れ、無言でミレニアが尻餅をついているメイドと自分の腹の上に落ちてきた水差しとを見つめた。

「あ……あ……。も、もうしわけありませんっ」
「御主人様!?」

 顔面を蒼白にして土下座するメイドと、血相を変えるクリシーヌ。
 額を絨毯へと擦りつけ、がたがたと全身を震わせているメイドの姿をミレニアは無表情に眺める。

「お許しを……! どうか、どうかお許しを……!」
「あなた、謝ってすむとでも思ってるの!?」
「お許しくださいっ。どうか、どうか生命ばかりは……!」

 震えながら哀願するメイドをクリシーヌが怒鳴りつけ、ますます怯えたようにメイドが全身の震えを大きくする。
 ふうっと溜息をつき、自分の腹の上に落ちたせいで割れもせず中身を半分ほど残した水差しを手に取るミレニア。

「ねえ、あなた」
「ひいっ。お、お許しをっ、どうか、お許しを……!」

 自分が呼びかけただけでますます怯え、ただ哀願を繰り返すメイドをミレニアが無表情に見やる。小さく首を横に振って彼女が何か言いかけたとき、緊迫した場にそぐわない明るい声が響いた。

「あれれ? どうしたんですか? ミレニア様」
「ああ、プラム、ですか」

 近くの部屋の扉を開け、花瓶を抱えた姿で顔を出したプラムがきょとんとした表情で問い掛ける。
 相変わらずの無表情のまま、ミレニアは周囲の状況を目で示した。
 ぐるりと自分も周囲の状況を見まわし、プラムが苦笑を浮かべる。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑

※ お断り ※ 本サイトに掲載している全ての作品の著作権は、本サイトの
       管理人、または投稿者・作者にあり、放棄しておりません。
       無断での転載、転用、複製は固くお断りします。


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

下 田 の 海 (20)
恋 の 奴 隷 -1201
落涙 の 白百合 -1201
夜 行 / 百 鬼 -0310
狙われた美姉妹 VII -0406
あんな の 日記 (33)
被虐義母 恵美子 -7305
闇色のセレナーデ -2302
secret police 海猫 2 -1304
な ご り 雪 -0208
鮮 血 の 日 記 2 -0906
独り暮らしと私 -0206
落涙 の 白百合 -1105
球 モデル選考会 (1) new
狙われた美姉妹 VII -0405

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
SMエロ体験談・小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
縄と罠
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
男女の季節
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル