ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -0401 2016-09-14 (wed)

作:香月さま

※ 第4話 5月20日 (1) ※

 今日は、不思議な子に会いました。
 まぁ、このお屋敷に四月から勤めに来たという女の子ですから、今日が初対面というわけではないんですけど……言葉を交わしたのは初めてでしたから、会いました、といってしまってもいいと思います。

 名前はプラムちゃんと言うそうなんですけど、私のことをぜんぜん怖がらないんですよね。
 今まで私の身の回りにいる人はほとんど全員がどこか私に距離を置いたような態度を取っていましたし、私のやっていることを考えればそれも当然だとは思うんですけど、彼女はまるで友達を相手にしているかのように私に親しく接してくれました。
 とても……嬉しかったですね。

 もっとも、だからといって彼女に自分の身の回りの世話を全部お願いしてしまうというのは、少しわがままが過ぎたんじゃないかと反省しています。
 つい先日も私の着替えを手伝ってくれた人が心労で倒れてしまいましたし、私の側にいるというのはそれだけで辛いことでしょうから。
 彼女が全く私のことを怖がらないので、もしかしたら、と期待してしまったのかもしれません。

 確かに彼女は私に親しく接してくれましたけど、それは彼女が誰にでも分け隔てなく親しく付き合う性格をしているというだけのことで、私に対して特別な好意を抱いているからではないのだろうと、自分でも分かっているのに。

 もしかしたら私のことを好きになってくれるかもしれない、と、心のどこかで期待してしまった自分がいました。
 私にはそんなことを望む資格などもはやないというのに……。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 じゃらり、と、鎖が乾いた音を立てる。
 壁から生えた短い鎖によって手首と足首とを拘束され、壁に磔になった体勢でミレニアは無表情に部屋の中を眺めている。

「今日は、三人ですか。アルテナ、ルーザ、それから……マティア」
 淡々とした口調でそう呟くミレニア。

 彼女にとっては見なれた拷問部屋の中を、覚束ない足取りで動き回っていた三つの人影が、その呟きに反応したかのように一斉に動きを止め、彼女のほうに視線を向けた。

 もっとも、三人のうちの一人は頭の上半分がなくなっているし、もう一人も全身が焼け爛れて目も完全に潰れている。
 だから、視線を向けたという表現はあまり正確ではないかもしれない。
 三人目は顔は原型をとどめているものの、腹部が大きく切り裂かれてそこから内臓が溢れ出していた。

「あまり、脈絡のない組み合わせですね。普段は、同じような殺し方をした人たちがいっしょになってるものですけど……まぁ、私には関係のないことですが」

 無残な三人の姿を眺めながら、全く表情を動かすことなくミレニアがそう呟く。自分が殺した人間に、逆に拷問を受ける夢を見始めるようになったのは、いつからだったか正確には自分でも覚えていない。

 しかし、領主となってからこの夢を見る頻度が増えたのは確かだ。
 最近では、この手の夢を見ない日のほうが珍しいほどである。

 その日によって誰が出てくるか、何をされるかは異なっているが、共通するのは自分が死ぬまで決して夢から目覚めることはない、ということだ。普通に考えれば、途中で夢から覚めて飛び起きても不思議ではない悪夢のはずなのだが。

 三人のうちの一人、全身を焼け爛れさせたアルテナが、長い柄を持つ鉄製の柄杓を手にしてよろよろとミレニアの前に歩み出る。
 ぐつぐつと煮え立つ油がその柄杓の中に満たされていることを見て取り、ミレニアが軽く首を傾げた。

「三人が三人とも、自分の受けた拷問を再現するんですか? まぁ、別に構いませんけど」
 まるで他人事のようにそう呟くミレニア。

 彼女の足の上で柄杓が傾けられ、煮え立つ油が彼女の足へと降り注ぐ。じゅうううぅっという音とともに一瞬にしてミレニアの足が真っ赤に焼け爛れた。無表情を保っていたミレニアも、流石に苦しげに眉をぎゅっとしかめて呻き声を上げる。

「あっ、ぐっ、ぐううううぅっ」

 苦痛の声を上げて身をよじるミレニアの姿に、焼け爛れていて判然とはしないものの笑みらしきものを浮かべ、アルテナが更に反対の足にも柄杓の中の熱油を浴びせ掛ける。
 夢だからこその不条理さというべきか、彼女の手にした柄杓には無限に熱油が満たされているらしい。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

落涙 の 白百合 -1502
時を巡る少女 -0403
secret police 海猫 2 -1510
な ご り 雪 -0407
鮮 血 の 日 記 2 -1108
独り暮らしと私 -0412
淫 妻・麻 紗 美 -1403
女 武 者 受 難 (3)
狙われた美姉妹 IX -0204
夜 行 / 百 鬼 -0601
巡 査 長 美 咲 -14
恋 の 奴 隷 -1303
secret police 海猫 2 -1509
時を巡る少女 -0402
あんな の 日記 (47)

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
SMエロ体験談・小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
HAKASEの第二読み物ブログnew
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
ふたなりレズビアンナイト
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル