ひとみの内緒話

presented by ひとみ & イネ

鮮 血 の 日 記 2 -0101 2016-03-12 (sat)

作:香月さま

※ 第1話 4月10日 (1) ※

 領主の座について初めて知ったのですが、実は領主がやるべき仕事というのはほとんどありません。

 領地の統治に関する様々な事は、どれも専門家の人がいるので、私が口を出すようなことがほとんど何もないのです。何かトラブルが起きれば別なんでしょうけど、少なくとも平穏な日々が続いている間は、特に私がしなければならないことというのはありません。

 確かに、領主様が仕事をしている姿というのは、私の記憶の中にはほとんどありません。カードゲームやボードゲームに興じたり、狩をしたりといったことばかりしていたように思います。

 それに、実際問題として、素人の私がうかつに口を出せばかえってよくない結果を招くことになるでしょう。一応、『生贄の娘』を拷問する、という仕事があることはあるのですが……これは、一日かけて行うような仕事ではありませんし、昨日は一日暇をもてあましていました。

 もちろん、領主様の死を発表し、同時に私がその地位を受け継ぐための様々な手続きをする、ということをしなければならないんですけど、その辺りの事務は全て執事のアルベルトさんがやってくれるので、私がしなければいけないことといえば彼の持ってくる書類にサインをすることぐらいです。

 アルベルトさんは、私は自分のやりたいことをやっていればいい、雑務は全部こちらでやるから、と言っていましたが、正直、私は無趣味な人間なのでそう言われても困ってしまいます。
 他の人たちが忙しく働いているところで一人何もしないでいると言うのは、結構辛いものがありますから。

 そんなわけで、今日もまた一日ボーっとしていなければいけないのかな、と、そう思っていたんですけど、昨日一日何もしないでずっと執務室の椅子に座っていたのを気にしたのか、アルベルトさんが仕事を用意してくれました。

 ……まぁ、その仕事が拷問だというのは、何故なのかと少し問い正したい気もします。もしかして、私は拷問をするのが好きなのだと、思われているのでしょうか?

 あっさりと肯定されそうなので、尋ねはしませんでしたが……。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 屋敷の地下に設けられた、拷問部屋。
 その一室に、十人近い女性たちが集められていた。
 いずれも若く、美しい女性たちだ。
 だが、その表情は一様に恐怖に染まっている。ここに集められた女性たちは、全て領主が以前側室として集めた女性たちだ。

 新たに領主となったミレニアは女性……側室などもともと必要ないが、そもそも領主の代替わりに際しては前領主の集めた側室は全て解雇して新たに集めなおすのがここに限らずこの時代のしきたりである。
 もっとも、ここブラッデンブルグ家においては、解雇ではなく処刑という形で処理するのだが……。

 側室になれば豊かな暮らしが出来る代わりにいずれ残酷な死が訪れる。そのことを承知で側室としてこの屋敷に来た彼女たちではあるが、やはり目前に死が迫れば平静ではいられないらしく、互いに低い声で囁きあったり身体を震わせたりしている。

 と、軋んだ音を立てて扉が開く。
 部屋の片隅に固まっていた女性たちが一斉に恐怖の視線を扉に向けた。ゆっくりと室内へと足を踏み入れた人物を目にして、彼女たちの間から短い悲鳴が漏れる。

「……今から、あなたたちを拷問します」

 後ろ手に扉を閉めながら、入ってきた人物、ミレニアが静かにそう告げる。女性たちの間から再び引きつった悲鳴があふれるが、ミレニアは表情一つ変えない。

「最初は、あなたです」
「ひっ、いぃっ。お、お許しを、お許しを、領主様っ」

 指差された二十代前半の栗毛の女性が恐怖に顔を引きつらせて哀願の声を上げる。がたがたと震える彼女から視線を壁際に立つ下男のほうへと移し、ミレニアが無表情に命じた。

「トムス。彼女を連れてきて」
「う、うあ」

 不明瞭な声で答えると、トムスが無造作に震える女性へと歩み寄り、腕を掴んで引きずり起こす。ひっと小さな悲鳴を上げるものの、恐怖がその身体を縛っているのか女性は大きな抵抗を見せようとはしない。

 半ば引きずられるようにして連れてこられた女性へと無表情に一瞥を向けると、ミレニアは壁から生えた短い鎖で彼女の手足を拘束した。

- つづく -


拷問部屋 投稿してくださった香月さまのHPです。最近、更新されないけど..
SMじゃなく本物の拷問です。その方面を研究される方は是非(笑

※ お断り ※ 本サイトに掲載している全ての作品の著作権は、本サイトの
       管理人、または投稿者・作者にあり、放棄しておりません。
       無断での転載、転用、複製は固くお断りします。


ぱっくりんく 人気ブログランキング オンライン小説ランキング アダルト検索 エロ検 さーち CreatorCollection R18+

戻る


最近の更新 人気ブログランキング

下 田 の 海 (21)
独り暮らしと私 -0302
secret police 海猫 2 -1306
あんな の 日記 (34)
被虐義母 恵美子 -7306
夜 行 / 百 鬼 -0401
落涙 の 白百合 -1202
な ご り 雪 -0301
狙われた美姉妹 VIII -0101
闇色のセレナーデ -2401
鮮 血 の 日 記 2 -1001
球 モデル選考会 (2)
secret police 海猫 2 -1305
独り暮らしと私 -0301
恋 の 奴 隷 -1201

ひとみのお気に入り♪
自動登録リンク集
萌木ケイの官能小説
SMエロ体験談・小説
官能文書わーるど
新・SM小説書庫 2
羞恥の風
愛と官能の美学
快楽機姦研究所
女性の絶頂ブログ
ましゅまろくらぶ
riccia(リシア)
禁断の体験・告白集
ひめ魅、ゴコロ。
女性のための官能小説
レメの官能小説
変態小説
寝取り時々寝取られ
Playing Archives
未知の星
空想地帯
監禁画廊ブログ
CFNMコレクション
SM+虐待&拷問
wombatの官能小説
妄想ココット
18's Summer
獨去書房
哲雄&AKIの不純愛講座
女性の性感 絶頂体験
内緒の恋愛体験を告白
麻縄の匂い
迷宮金魚
縄と罠
ぺたの横書き
ちょっとエッチな思い出
官能主婦のプチマニア小説
恥ずかしがりたがり。
人妻さとみの秘密の告白
美少女ライトノベル練習場
真面目にワイ談
Mikiko's Room
緊縛 拘束 囚われの女
黒い教室
隠れ家◆性
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密
男と女のエッチな秘密
ヨゾラの羞恥小説
エロネタ本舗
〜 艶 月 〜
ライトHノベルの部屋
真夜中のモノローグ
女の子だってエッチ。
淫鬼の棲む地下室
「おとなの恋愛小説」倶楽部
エロティック小説ABC
SM小説 被虐願望
ただ貴女を愛したくて
美優の独り言
合丼来来のフェチ小説
SM拘束動画
出羽健書蔵庫
男女の季節
羊頭狗肉
ロリ少女官能小説
恥と屈辱の交差点
変態愛華の成長記録
オナこもりの小説
[凛 騎 応 変!]
Non-Daily
ロリータ小説ABC
最低のオリ
エッチな秘密の体験日記
人妻の浮気話 艶みるく
人妻の秘密生活告白
人妻官能小説【蕩蕩】
メグミの裏日記
あおいつぼみ 葵蕾
むね☆きゅんファンサイト
おとなの恋草子
黒塚工房
かめべや
おかず小説どうぞ
渋谷子宮 RE:BIRTH
つれづれ官能倉庫
お姫様倶楽部.com
小説H(エッチ)
ねっとりぐちょぐちょ
女王momoの調教部屋
柚希の秘密基地
歌舞伎町のM嬢☆ゆか☆
PASSION!

登録リンク集
人気ブログランキング
pickup CreatorCollection R18+
正しいH小説の薦め
官能小説.com
オンライン小説ランキング
18禁オーナーの社交場
R18-ChaosParadise
エピソードセックス
HONなび
Girls Love Search
コミックルーム
Adult Novels Search
18禁小説ランキング
ぱっくりんく
X-rated search
萌駅
おしっこ我慢NAVI
官能小説アンテナ
夜の交流所
小説談話室
Cyber あまてらす
路地裏の卑猥図書館
MEGURI-NET
おたりんく
Surfers paradise
HIMEGURI-NET

Access Counter


Copyright (C) 2008-2017 ひとみ & イネの十四郎. Allright researved.   無料レンタル