┌─────── 
ゲーム
(3)
 ───────┘


「ひとみ先輩、これはどういうコトなんですか?」

ここはゆかりの部屋、いつものメンバーがひとみを取り囲んでいる。
ひとみの前に立っているのは後輩の千恵子。手に持ったひとみのショーツを、ひとみに突きつけている。

いつものメンバー・・・そう、あの奴隷契約書に書かれているご主人様たちだ。

先輩のゆかりとしおりはソファーに寛いで、笑いながらひとみを見ている。
同級生の里美と和美はひとみの左右に座り、もう一人の同級生の真理はひとみの後ろにある椅子に座っている。
そしてひとみの目の前に、後輩の千恵子と敦子がひとみのショーツとブラを手に持って、立っていた。

その真ん中で、ひとみは白いハイソックスだけの裸にされ、例の奴隷のポーズを取らされているのだ。
できるだけ足を開いて膝立ちになり、両手を頭の後ろで組んで肘を拡げたあのポーズ。
裸にされた上でのこのポーズは、何一つ隠すことができない羞恥と屈辱の姿だった。

つい15分ほど前、駅に着いてトイレに向かおうとしたひとみは、改札のところで待ち構えていた里美と和美に腕をとられたのだ。

「あらひとみ。遅かったジャン!?」
「ちゃんと命令通りにしてきたわよね?」

「・・・」

駅のトイレで、命令を実行しようとしていたひとみ。それを阻まれて、そのままゆかりの部屋まで連れて来られたのだった。

「ひとみ先輩。命令に逆らったら、どうなるか分かっていますよね?」
と、これは敦子。

どうやら今日は、後輩たちに虐めを任せるようだ。
みんなの前で後輩たちに虐められる・・・そのシチュエーションが、一層ひとみを惨めにしていた。

「お返事してくださらないの? 先輩。」

言葉は丁寧だが、その響きに残忍な期待が混じる。

じゃあ早速・・・と言いながら、千恵子がひとみのハンドバッグからタコ糸を取り出す。
それを見て敦子は、手にしていたひとみのブラを床に投げ捨てると、ひとみの乳首を捻り上げた。

「あっ、あっ、っつーぅぅ!!」

ひとみの悲鳴に構わず、千恵子が乳首の根元に、タコ糸を巻きつける。そしてそのままギューっと締めつけて、固く結び上げてしまった。

「こっちはオッケーね。じゃ敦子、今度は反対側をお願い。」
「りょーかいっす。それじゃ先輩、もうちょっと動かないでくださいね。」

両の乳首を締め上げられて、パンパンに膨らまされたひとみ。それだけで、涙が出そうなほどの痛さだ。
しかし、それだけで終わるはずはなかった。

「ほら先輩、今度はここよ。もっと足を拡げていただけません?」
「ひとみ先輩。もっと腰をだして下さいね。」

二人は口々に言いながら、ひとみの一番の弱点、最も敏感な場所を探り始めた。

「あ〜ぁ、お、お願い、お願いです。そ、そ、そこだけは、許して・・・」

そんなひとみの哀願は、当然のごとく無視される。

千恵子が爪を立てるようにして捕らえた敏感な木の芽。そのまま、まるで引き千切るように引っ張り出した。

「く〜ぅ!」
ひとみが哀しく啼いた。

引きづり出されたひとみのクリ○リス。当然のように、その根元にもタコ糸が巻かれ、それこそ容赦なく縛り上げられてしまった。

「あら〜、ホントにかわいい格好だこと」
「折角ですから、ご自分で見えるようにして差し上げますわ。ネッ、先輩。」

二人の後輩は、部屋の隅から大きな鏡を持ってきて、ひとみの前に置いた。

映し出された、あまりにも哀れな自分の姿。惨めに変形させられた、敏感な3つの突起。
特に一番恥ずかしく、そして一番敏感なクリ○リスは、普段の保護を失い、逃げも隠れもできぬ状態で、無毛の秘裂から顔を覗かせている。
それを自分の目で見る恥ずかしさに、打ちのめされそうなひとみ。

「さぁ、これで準備が整いましたね、先輩。」
「これからどうなるか、期待してます? だって、こうされたくて、わざと命令を無視したんですよね。そうでしょ、先輩?」

*−−−

「ひとみ、これを見なよ。」

今、ひとみの前に立っているのは、同級生の里美と真理、そして和美だ。
後輩の千恵子と敦子は特等席を譲って、ひとみの左右に座っていた。

真理がひとみに見せ付けているのは洗濯ばさみ。少し大きめの、挟む部分がギザギザになっている、見るからに凶悪そうな道具だった。
それをどう使われるのか、もちろんひとみには分かっていた。

あれで挟まれたら、あれに噛み付かれたらはたして耐えられるのか・・・ひとみの背中に、冷たい汗が浮かんだ。

「それじゃ、いくわよ。」
そういいながら、真理が洗濯ばさみを開いて、ひとみの乳首に近づけた。

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 15 人です。

今日:00001646
昨日:00002933
累計:10713633

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル