┌─────── 
屈辱の体験
(3)
 ───────┘


「女の身体ってさぁ・・・」

あの先輩が、みんなを見回しながら、楽しそうに話し始めた。

「敏感なところ、縛り上げてやると、ものすごく感度上がるの、みんな知ってる?」
「えーっ、そーなんですか? 知りませんでした」

「そんじゃさぁ、ひとみの身体で、実験してやっから、よーく見ときなよ。・・・ひとみ、天国に連れてってやるから、たっぷり楽しみな!」

そう言いながら、凧糸を取り出す先輩。いやいやと、ひとみが身体を捩ると、一層強く、足を踏みつけられる。

「まずはここからネ♪」

先輩が、ひとみの乳首を摘み上げる。まるで捻り潰すように、しっかりと指で摘んで、捻り上げた。
そのまま、引きちぎるように引っ張ると、根本に凧糸を巻き付ける。

「い、痛っ!」

根本に糸を巻かれ、キュッと締め上げられ、そのまま固く結ばれてしまったひとみの乳首。
もう一方も、同じように縛り上げられてしまう・・・

「ほーら、みんな。よーく見てご覧よ。あんなに喜んでるさ!」

根本を縛られた乳首は、血流が阻害されて、だんだんと大きく膨らんで来る。
可憐な薄いピンク色が、まるで紅を塗ったような、鮮やかな赤に変わりつつあった。

「あっ! っつ〜っ!!」

ひとみが悲鳴を上げた。固く膨らんだ乳首を、先輩に爪で、弾かれたのだ。

「ほらね。普段より、すごく敏感になってるさ。みんな、触ってみなよ。」

「あっ、あっ、ああぁぁああ〜っ!!」

みんなに触られるたびに、まるで電気でも流されるように、ビリビリとした刺激が、ひとみを貫く。身体を捩り、何とか逃れようとするが、足を踏みつけられ、頭の後ろで組んだ両手を捕まれ、腰を前に押し出されているひとみに、その玩弄を避ける術はなかった。

気が狂うかと思うほどの刺激が、ふと止まった。

「そんでさぁ、この前も言ったけど、女のもっと敏感なトコロ、そこを同じようにしたら・・・ひとみ、どうなるかなぁ??」

あああ・・・ひとみは思わず、泣き声を出した。
目を下にやると、哀れに変形させられた乳首が見える。根本を縛られ、大きく膨らみ、赤く色づき、そして普段より何倍も敏感にされて、それを散々に嬲られた哀れな乳首・・・それと同じことを、乳首よりも、ずっと敏感なクリ○リスにされようとしているのだ。

「おら! 動くんじゃない!!」

容赦なく、ひとみの秘裂が割拡げられる。その奥で、まるで隠れるようにしている可憐な木の実。
その木の実を守るベールまで、無慈悲に開かれ、剥き出しにされたクリ○リスに、糸が巻き付けられる・・・

「あああ〜〜っ!! 痛い、痛い、痛いいいぃぃぃっ!!」

糸が、きゅーっと締め上げられる。それにつれて、クリ○リスがまるで押し出されるように、にゅーっと首を擡げている。
乳首よりも一層深い、深紅とも言える濃い赤紫に、クリ○リスが染まる。

「さてと・・・どうかな。女の大事なトコロを、縛り首にされた気分は?」

ひとみは、そんな嘲るような問いかけにも、答える余裕などなかった。
ハイソックスだけの裸、そして取らされている屈辱のポーズ。しかし今は、それどころではなかった。
保護を失い、逃げることも隠れることもできないクリ○リス。それにみんなの視線が注がれている。

同級生の一人が、そっと手を伸ばした。そしてひとみのクリ○リスを、擦るように撫で上げた・・・

「ヒイイイィィ〜〜〜ッ!!」

乳首の時どころではなかった。その時よりも、何倍も強い刺激がひとみの全身を駆けめぐる。

「ああぁっ!! ああぁっ!! ああぁぁああぁ〜っ!!」

全身を痙攣するように戦かせ、汗を吹き出すひとみ。それでも、面白がって、さらに刺激を与える同級生たち・・・

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 17 人です。

今日:00001649
昨日:00002933
累計:10713636

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル