┌─────── 
新年会
(1)
 ───────┘



 あけおめ、ことよろです
 ・・・ってイネさんにメール送ったのは、卒業して初めての新年でした。

 久しぶりに亜紀先輩から、お誘いメールが来たのです。
 新年会を先輩の家でやるみたいなので来るようにと。
 久しぶりですが、先輩からの誘いなのがちょっと心配だったんです。
 結局、メチャクチャに苛められてしまいました。

 その時のこと、ご報告させていただきますネ。

。..。.:*・゜゚・*:.。. .。

 メールでは、夕方7時頃、集合場所の飲み屋さんに来るように、ってコトだったんですが、当日3時まで急遽お仕事になっちゃったんですよ。

 一旦帰ってから新年会行こうと思って会社に行きました。
 でも間に合わなかったら、この足で行っちゃえばいいかっと。


 でも思ってた以上に仕事が長引いちゃったのです。
 それで直接、飲み屋さんに行こうと思い先輩にメールしたんです。
 そしたら先輩から返事がきました。

「着替えてこなきゃだめ! ミニかショーパンでくること」って言われちゃいました。

 少々時間がかかってしまいましたが、家でホットパンツに履き替えていきました。

 今日のメンバーは、亜紀先輩と、先輩の新しいバイト先の女の子たちだそうです。

 さすがに始めての女の子もいるということでしたので、白ハイソはやめて、黒ニーソでいきました。
 お店近くになったら電話してといわれていたので、指定された場所で先輩に電話すると迎えに来るっていうんです。
 そんなのいいです、お店にすぐ行きますからって言ったんですが、先輩、迎えに来てくれました。

 が、いざ先輩がきて、私のカッコウを見るなり
「やっぱり。。。はい、これに履き替えて」と以前先輩の家においてきていた白ハイソを渡されました。

 恥ずかしいので。。。と言い訳しましたが無駄な抵抗。。
 履き替えさせられて、飲み屋に行きました。

 中に入る時、さっそく店員さんから身分提示の要請。
 そりゃ、20歳以下にみえちゃうよなあ。。。って感じです。

 んで、先輩の職場にいるアルバイトの子たちがたくさんいる中に私も入っていきました。

 みんな私を見るや、興味津々(?)という感じで色々質問されたり、話しかけてきてくれました。
 自分も含めて6人で飲んでいました。

 先輩のとこのバイトの子はみんな大学生で、私よりもみんな年下。
 その中でこの格好でいるだけで非常に恥ずかしさを感じました。

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 14 人です。

今日:00001990
昨日:00003186
累計:10707887

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル