┌─────── 
バイトの同窓会
(1)
 ───────┘



 実は昨年、無事に(?)卒業して、社会人になったのです。

 仕事で、あちこち海外出張に行かされて、かな〜り忙しい毎日を過ごしています。
 そんなこんなで、なかなか自分いじめ(?)の時間がもてないでいる私です(^w^)

 来月から配属の部もかわって、ゆっくりとできそうなので、また色々と挑戦してみようと思っています〜(笑
 久々にまたクリちゃんいじめから始まり、おしっこ我慢や恥辱いじめで、思いっきり自分を辱めて、苛めてみようと思っています。

 卒業してからは、しばらく亜紀先輩やまいさん達と会う時間がなかったのですネ。
 そんなおり、バイトの同窓会をやろうって後輩から連絡がありました。
 きっと、先輩もくるだろうし、行こうか、いくまいか悩んでいます。
 また会ったら色々と苛められるような気がするので。。

。..。.:*・゜゚・*:.。. .。

 いろいろ迷ったのですが、結局この前、先輩達と会ってきました。

 会う前に、久々だから、ちゃんといつもの格好(ホットパンツかミニスカ、白ハイソ)で来るようにと言われていました。
 でも仕事帰りだったので、スーツ姿で待ち合わせ場所に行きました。

 すでに亜紀先輩とまいさんが待っていて、私の格好を見るなり「やっぱりね〜」と。
 私がスーツ姿でくることを予測していたようです。

「ちゃんと着替え持ってきたから、好きなものに着替えて」と言って、バックに入った着替えを見せられました。

 そこには超ミニのスカートや体操着、絶対着れないようなダメージパンツなどが入っていました。
 私は「後輩もくるから、そんな格好は許してください」とお願いしましたが、まったく聞く耳なしです。

 止むを得ず、まだ着れそうなハーフTシャツ(おへそ出ちゃってました)、薄手のジャケット、ローライズのホットパンツを選びます。
 残りはバックにしまわれて、近くにあった某大手の電気屋さんに連れて行かれました。
 そこのトイレで、スーツから着替えるようにって言われてしまいました。

 もちろん、ハイソックスも渡されました。
 何足か先輩の家に置いてきたものでした。
 困ったのが靴です。ヒールサンダルでしたので、とってもアンバランスな感じで。。

 やっと着替えてトイレから出ると、まいさんにジャケット開けられて「ブラなんかダメじゃん。脱いでおいで!」って。
 仕方なく、トイレに逆戻りです。
 でもパンツは言われなかったので、ノーパンにはならずにすみました。
 
 着ていたスーツはバックに入れられて、そのまま私のマンションまで配送されてしまいました。
 こんな格好で飲み会に連れていかれました。

。..。.:*・゜゚・*:.。. .。

 飲み会に集まったのは、亜紀先輩、まいさん、それに雀荘でバイトしていたときの後輩達が二人です。会うのはずいぶんと久しぶりだったのです。
 その後輩からは早速、相変わらずすごい格好ですね〜って言われちゃいました。。

 しかも、(あの中では)まともだと思っていたホットパンツには、実は苛めの仕掛けがありました。
 それは、一度パンツのボタンをとめると、小さな棒(?)みたいな鍵を使わないと、ボタンが外れないんです。

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 18 人です。

今日:00001686
昨日:00002933
累計:10713673

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル