┌─────── 
誕生日パーティ
(1)
 ───────┘



もう暫く前、秋の終わりくらいの頃でしたが、亜紀先輩のいじめ召集があったので、その時のことをご報告いたします。

*−−−

前日にもらったメールに従い、まずは朝から先輩の家に集合……というか、私が先輩のお家に着いたとき、もう二人は待っていました。
つまり集まったのは亜紀先輩、まいさん、私の三人です。もちろん私がいじめのターゲット。。

その日はお昼から学校へ行く予定だったので、私は少しだけ短めのスカート(膝上10センチくらい)とニーソ、上は普通にブラウスを着てゆきました。

それで先輩のお家に上がった途端、一番遅くなった(でも言われた時間通りなんですよぉ)罰として、スカートを脱いで下半身裸になるよう命令されてしまいました。
私はしぶしぶスカートとパンツを脱いだのです。あそこ丸出しの、何度見られても本当に恥ずかしい姿です!

「ひとみ、今日はいつものハイソじゃないの?」って、まいさん。
「今日は学校へ行くから」と答える私。
そしたら先輩、「ひとみは白ハイソじゃなきゃネ。それも脱ぎなさい」って。。。

結局ブラウスから下は、完全に丸裸にされてしまいました。
そんな姿で、股を開いて立たされる私。両手は頭の後ろで組まされています。

そして早速クリちゃんをいじられました。
まいさんは、「早く超大きなクリになるといいのにね」と言いながらクリをいじり続けます。どんどん大きくなる私のクリちゃん。

その大きく膨らんだ状態のクリちゃん、細い紐で根元を縛られました。たちまち色も真っ赤になって、パンパンに腫れた感じです。
ちょっとでも触られると、飛び上がるくらいに感じてしまいます。

それでそのまま、まずパンツを履かせられました。
そのあと、先輩が小さいバイブをパンツの上からクリちゃんのところで固定し、その上から小さめのホットパンツを履かせられました。
それだけでクリちゃんにバイブが当たって、びくびくする感じです。
「ちょっと歩いてごらん」って言われて、2〜3歩、歩いてみたのですが、クリちゃんにバイブがグリグリ当たって、かなり辛い状態でした。

ところがこのバイブ、無線のリモコンで操作できるようなのです。
それに小さいのに、ものすごく強力。先輩がスイッチをいれると、その場に蹲ってしまうほど、強烈な感覚に襲われました。
私は思わずあそこを両手で押さえたのですが、一層バイブを強く押し当てることになりました。
もう、蹲っていることすらできません。畳の上でのた打ち回って苦しむ私。先輩もまいさんも、そんな私を大笑いしながら見ています。

ホットパンツには、例によってチェーンベルトを付けられて、小さな南京錠で止められてしまったので、もう外すことはできません。

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 6 人です。

今日:00001994
昨日:00003186
累計:10707891

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル