┌─────── 
長い夜
(1)
 ───────┘



今日は亜紀先輩にお呼ばれしました。ランチ一緒にして、夜は飲みに行こうって♪

しばらく会っていなかったんですよ。
お酒はいると人が変わる先輩ですからチョット心配なんですけど、今日はバイトの人も来るそうですから、大丈夫かな。

それで、今は先輩とランチ済ませて一休みしているところです。
先輩はお買い物に、私は疲れたのでお茶しています。

今日は、例によって白ハイソとホットパンツです。上はTシャツ。少しきつめだけど、まっいいかっと。
髪はポニーテールにまとめてみました。先輩と一緒にいると、お姉さんと幼い妹って感じになります。
歩いていても、男性の視線を感じちゃいます。

この後カラオケいったりするのかな。飲みに行くのは夕方からですから。

*−−−

今、先輩からメール来ました。まだ時間あるから、マッサージに行こうって。
なんか、おばちゃんみたいですね(笑)
前にも一度行ったことがあるんです。お風呂もあって、なかなかいいところなんですよ。

*−−−

現在、マッサージに来ています。
ゆっくりリラクゼーションしてます。

この後は先輩のお家に行くことになりました(汗
ちょっとドキドキです。

先輩からは、今日も幼い格好ねって言われるし。。泣
いつもの格好でおいでって言われたのに。。

*−−−

で、先輩のお家でのお話です。ランチしたところからは、電車で二駅なんです。
お家に行く途中でも、先輩に言われてしまいました。

「ひとみって本当にロリ顔だよね。格好も体型も。
 どうせなら、その微妙に膨らんでいるように見える胸もとっちゃって、子供になっちゃったら?
 あそこの毛もないんだし、そうしたら?」
ですって。。
そんなの嫌ですと答えて、苦笑いしながらお家に行きました。

だらだら時間を過ごして、そろそろ飲み会に行く時間になってきた頃、先輩が言い出したんです。

「そうだ、ひとみ、今日はブラ禁止だからね。ここに置いて行ってね」

ワタシはビックリして、言い返してしまいました。

「でも、まいさんや英恵(はなえ)さんもくるし。。」
英恵さんと言うのは、やっぱりバイトのお友達です。ワタシと同い年なんですけど、もう主婦なんです。

でも全く聞く耳なしなんです。
「何恥ずかしがっているの?
 どうせ胸なんかないんだから、ブラなんかなくたって、誰も気が付かないわよ!」
ですって。ヒッド〜イ(泣

渋々、ブラを外して先輩に渡しました。

そしたら先輩は、
「こんな小さいサイズどこで買うの?
 これA以下でしょ?
 AAかな。やっぱりこんなんじゃ、ブラいらないわよ」
って追い打ち言葉イジメ。。(涙)

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 2 人です。

今日:00001990
昨日:00003186
累計:10707887

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル