┌─────── 
晒しもの
 ───────┘


以前、亜紀先輩とまいさんに、一緒に虐められるようになったってお話しましたけれど、どんな風にされるかご報告しますね。

お話したように、先輩たちとは同じバイト先なのです。バイト先は雀荘です。ウエイトレスみたいな仕事。結構、ラクチンですょ。
私はミニで行くことが多いです。目立っていると、たまに気前のいいおじちゃんがおひねりくれますからね(笑)。

で、亜紀先輩とまいさんと、同じ日にローテーション当たると、早速虐められます。

前の日に、まいさんからメールで「短めのミニで来るように」って言われます。言う通りにしないと、それを理由に虐められるので、股下15センチくらいのミニで行きます。
あっ、ブラはしてゆきます。このバイト先には、結構ブラしている事が多いです。
世の男性は胸のある子の方が人気出やすいですからね。。私の場合、路線が違うから気にしなくてもいいんですけどね(笑)。

ミニを履くと、お客さんの視線が当然、私に集まるのはわかっていました。で、そのミニが、今度は亜紀先輩に睨まれるのです。
「そんなに脚みせて、あんた露出狂なんじゃないの? だったら、パンツも脱いでしまえば!」って脅かされるんです。
さすがにバイト中なので、許してくださいと謝りましたが。。もちろん、まいさんは知らない振り。。。

もちろん、そんなことで亜紀先輩に許してもらえるはずも無く、結局ノーパン・ノーブラを強制される事に。。雀荘の、更衣室で脱がされてしまいました。当然のように、ブラとパンツは先輩のバッグの中に。。。
スカートが短かっただけに隠すの大変です。
とってもスースーして、なんだかスカート履いていないような感覚で、まわりの視線が気になっちゃいました。

バイトの終わる時間になって、私は亜紀先輩のお家に泊まることになりました。
下着、返してくれないんですから、言うこと聞くしかないのです。
まいさんは、その日は先に上がっていました。

それで先輩のお部屋です。
最初のコロは全部脱がされていましたが、私がハイソだけ残したほうが恥ずかしがることを知ったら、それ以降はハイソだけの格好にさせられます

その日も早速、ハイソだけの素裸にされたその時です。
ドアのチャイムが鳴ったのです。
「あっ、忘れてた。今日は友達がくるのよ。ベランダに隠れてて」って、部屋から押し出されたんです。

先輩のお家はちょっと裏通りなんですが、すぐ後ろに大きいマンションが建っているんです。見られないように隠れるのが大変でした。
もちろん、裸のままです。白ハイソだけの格好で、靴やスリッパも、何にもないのです!
いくら裏とはいえ、こんな格好で外気に触れたのは初めてでした。そうですね、時間にして15分位はベランダにいました。

「もう入って大丈夫だよ」って、やっと亜紀先輩が言ってくれたので部屋に戻ると……お友達っていうのは、なんとまいさんだったのです。
私に恥ずかしい思いをさせようとして、わざとベランダに出されたんですよ〜(泣
それなのにまいさん「気持ちよかったでしょ」なんて、大笑いしています。

「ベランダ寒かっただろうから、温まろうか」ってことで、その日は健康ランドに行くことに。。私はノーブラ・ノーパンのまま、Tシャツとミニスカです。
まぁ先輩のお家では、基本的に下着は奪われちゃうんですけどね。上は体操着のこともあります。ぶかぶかのキャミ着せられることも・・・。
そんな姿で、コンビニまで夜食買いに行かされたりするんです。

で、サウナや露天風呂に入ったんですが、私はタオル取り上げられてしまったんです。
だからあそこを隠すこともできず、完全に晒しものです。サウナ室でおばちゃん達の奇異の視線に、じっと耐えていました。

そんなこんなで、その日はとっても長い一日を過ごしました。
もう身体がぐったりでした。


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 8 人です。

今日:00001990
昨日:00003186
累計:10707887

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル