┌─────── 
露出遊戯
(2)
 ───────┘


イネさんからもらったメール、ほんとにドキドキでした。
で、早速トライしてみたのです。

そしてその結果を、イネさんにメールで報告したのです。

┌────
 昨日、挑戦してみました。
 後ろ手に鍵をかけるとホント解くのが難しいですね。

 まずは部屋の中で予行練習。
 おしっこ我慢のときにベルトに使っていたチェーンでわっかを作って、手を入れて鍵をすれば出来上がり!
 体の前で両手が拘束されてしまいます。
 何とか鍵を摘んで、かなり大変でしたけど鍵穴に入れて、はずすことができました。

 次は後ろ手に拘束してチャレンジ!
 両手を入れて南京錠かけるまでは難しくないんですが、いざ鍵をあけようとすると後ろ向きのせいか、なかなかあけられません。
 しかもチェーンも締め付けが強く、解くのにだいぶ時間が経ってしまいました。
 でも、ちゃんと外せることがわかったので、いよいよスタートです。

 まずは昼のうちに、南京錠の鍵をポストの中に入れておきます。
 家鍵も一緒に。

 夜になり、屋上に。
 さっそく裸になり、白ハイソだけの恥ずかしい格好に。。
 それから服をベランダに落として、チェーンを後ろ手にかけ、鍵をしめました。

 イネさんのいうとおり、ペッタンコの胸が突き出すようになり、それをもう隠す事もできません。
 私のツルツルのあそこも丸見えでとっても恥辱感満点です
 しばらくはその場で恥ずかしさを楽しみました〜
 屋上で寝そべって、ざらざらの冷たいコンクリートの床に身体こすりつけて、いじめられている事を想像してみたりしました

 十分後、鍵を取りに階段をおりていきました
 まだ10時前です。
 もし、誰かが帰ってきてすれ違ったら。。
 もうドキドキでした。

 一階におりてまわりをよく確かめて、誰もいないのを確認したら、ポストから鍵を。。
 ……と思ったんですが、ボックスは私の胸の高さで、両手を後ろで縛られた私は、ふたを開けることができません!

 どうしよう!
 なんとかあけようと頑張っていたら、足音が!

 急いでマンションの階段の、踊り場に戻りました。

 足音が通り過ぎるのを待って、再度の挑戦です。
 そーっとポストに戻り、顎を使ってなんとかボックスをあけて、中から鍵を床に落としました。
 鍵を取るのも、もちろん手ではできません。
 ボックスに顔を突っ込むようにして、なんとか口でくわえて、やっと鍵を落としたのです。

 鍵を拾うのも身体を捩って、不自由な後ろ手を使ってやっとの思いです。
 鍵を握り締めて、ダッシュで屋上に戻りました。

 もちろん、ここまで白ハイソだけの素っ裸!
 無事に誰にも見つからずに、屋上まで戻れたときはホッとしました。

 あとは時間がかかりましたが、なんとか鍵をあけることに成功。

 いやー、ホント、ドキドキしましたよ。
 でも苛められてる感、満点でした〜

 また、今度挑戦してみようかな……なんて、ちょっぴり誘惑を感じてます。
────┘

これがイネさんに送った報告だったのです。

そしたら、またイネさんからメールをいただいて……そのお話は、また今度させていただきますネ。

- つづく -


[メニューへ戻る]

人気ブログランキング
ネットで読み物
Lovely Venus
携帯文庫〓R18〓
18's ランキング
。ο ラ ブ エ ロ ゚・о
地下モノ収集所
危ない本棚
禁断官能小説
大人のH体験文庫
* あ ま い み つ *
…S愛小説Rank…
Sの誘惑



只今の閲覧者は 18 人です。

今日:00000889
昨日:00003860
累計:10730327

Copyright (C) 2008-2018
ひとみ & イネの十四郎.
Allright researved.
  無料レンタル